Back number

そういえば

今回のthey're nerd#1 店頭で全然みたことないのですが
いい意味で捉えていいのかしら?完売間近なの?
500枚ってそれにしても少ないよね!気分がいいです。
そのリリースに向けてtae用のアーティスト写真を撮ったんだけど
発表される機会なさそうなんであげときます。
個人的に好きな写真です。これが使われるってとこでも、
当時の我々が『ある意味』ノリノリだったのが伺えます。本来taeってのはこんなバンドです。
スプリット用にBRAZILIANSIZEと総勢9名で写真とったりしたんだけどなー。
使われなかったねー。残念。



| ヌマクラタカシ | 2006-07-30-Sun 01:22 |

BBS!!

書き込みまたまたありがとう!
嬉しい!日々の生活に張りがでます!
ポップなのってやっぱいいよねー。
てな感じで明日のリハーサルも頑張れるってなもんですよ。
まじでありがとねー。


| ヌマクラタカシ | 2006-07-27-Thu 00:19 |

出た


振り返り思うこと。
先を思うこと。

大切な人のこと。
愛する人のこと。

今日という日を大切にしたいです。

遅れて来たの梅雨?

ぶっとばせ

| minzoku | 2006-07-19-Wed 07:48 |

BBS!

書き込みありがとう!発売前にノリノリで書いた甲斐がありました。
来週はCDリリース!ツアーも決定!10月にはニッポン放送のライブ収録が決定!
そのなかから2曲i-pod用に配信も決定しました!さてさて、どの曲やりましょうか?
なんて嬉しいことが続いております。
2006年上半期のスロースタートを下半期で完璧に巻き返す予定です。ついいてきてね。
写真はうちのMausと最近の私。

▽ More
| ヌマクラタカシ | 2006-07-14-Fri 20:33 |

リリース

間近です。今回は限定盤ということでだいぶご予約いただいているみたいです。
ありがとうございます。気持ちが先走っているので今回の収録曲を解説してみたいと思います。

『赤い車』(できた頃の呼び名は『迎えに行くよ』)
メロは二つ!コードは三つ!ほんとにシンプル。
なんどもなんどもバンドでアレンジを重ねましたが、初めに作ったものが完璧だったようで、
新しい試みをするたんびに、『最初のでいいんだねー。』なんていいあってました。
全ての歌パートが2人もしくは4人で歌われていることもなんだか素敵。
いやらしいこと言ってしまいますが、できたとき、『ライブ観に行って俺が客なら合唱するね!』と思いました。思いましたよ!

『このままふたりで』(できた頃の呼び名は『ヘンタイ』)
小野さんもプレイリストマガジンで述べているように、名(迷?)曲です。
演奏の全てがすこしふしぎ(SF)。この曲のススムさんのベースはダイブ不思議(DF)。
でもポップ!それがtaeさんの持ち前の素敵さです。
コーラスをお友達のおんなのこに頼んだのですがそれがまたせつなさアップです。

『that's all』(できた頃の呼び名は『茶沢ハードコア』)
この曲は今までに見せなかった(生まれた時から所有はしていた)
我々の『背番号:鬼』な一面を外国語で歌うという新たな挑戦。
アベカワ凄いよ。鬼がドラムを叩いています。
『なんかあった?相談乗るよ?』、みたいに、気を使いそうになるくらい凄いのよ。
歌詞の訳詩がCDには載ってないので、ここにざっとかいとくと、
『いっつも。悲しみも、獲得も、恥も、責任も感じない。
昔僕が。説教したり、ひきずってたり、信じてたり、販売していたフレーズがみつかんない。もー、おしまい!』
っていうお話。投げ出してるねー。それも駄々っ子ですよ。でもこの演奏!

『Don't Worry』(できた頃の呼び名は『コステロ』)
BRAZILIANSIZEとのコラボ(マッシュアップ?)作品です。
サビを4106さんが、もういっこのドラムをPAROCKさんが担当してます。
4106さんは声が甘く、私もそっちの人なんで凄くはまったのではないでしょうか?
こういう風に音楽で遊んで(気持ちは真剣)曲を一緒にやったりするの楽しかった。
ツインドラムですよ!幅ひろーい。とにかく最後を〆るにはふさわしい曲でしょう。

もちろんBRAZILIANSIZEの4曲はかなりかっこいいです!一緒にできてよかった!
全8曲、僕は凄くハッピーなアルバムになりました。19日お楽しみに。

| ヌマクラタカシ | 2006-07-13-Thu 13:55 |