Back number
 

2018年3月

明日はダイゴさんと練習です。
5月にライブが決まったので、そこに向けてのものです。

最近、taeの初期曲を聴いているのですが、
なぜShortcut Miffy!を解散させて
このバンドで活動を始めたのか。
1st、2ndくらいの頃のアレンジ・メロディには
その理由が顕著だったなあと感じてます。
バンドアレンジにインパクトがある曲たちを
現在アコースティックでやるとどう響くのか。
明日は猫背のブルーをあわせてみるのです。

そもそも、曲は作り続けてないと上手くいかない。
結構なブランクがあると
メロディやアレンジを引き寄せられなくなる。
現在その衰えを受け止めながら少しづつ進めてます。

Shortcut Miffy!の新曲については、
メロディに関してはいいものが出来てると思います。
ただメロばかりを意識してしまい、
ドリフター以降にあったUS感のある楽曲が足りないなあと。
今回少し時間があるのでその辺りについて、
もうちょっと粘ってみようと思ってます。
再結成した当初に比べたらバンドとしては、
かなりいい感じに機能しておりますので、
スタジオにコードだけもっていって
アレンジ決めてからメロ作るような、
そんな曲作りもありかも。

taeについては、まず歌詞を全然書いてないので
言葉を書き溜めることをやっていかないとなあと思ってます。
これもブランクがあるとだめだな。
そこそこインプットはしているので何かしら書いてみようと。
歌詞に括らずに思ったこととか、小さな物語みたいなもの、
なんでもいいから記していくこと。怠らずに。

自分でやりたいことを形にすることに加えて、
メンバーをにやにやさせたいなあと思って曲を書くのは楽しい。
そんでバンドで演奏できるのは素晴らしい。
終わってメンバーと一緒にビールを飲むのは何より幸せな瞬間。

taeもShortcut Miffy!も
楽曲はまだ作り出せそうな気がしてます。
Bach60はきっかけまち。
ねえキンヤさん。女子のベースが入ったりしたら、
それはもう「きっかけ」でしかないっすよね!
| numakura | 2018-03-16-Fri 23:38 |