Profile
Biography
 

2005年

1月の中旬、初のフルアルバムのリリースが深夜の下北沢で決定する。小野家、安部川家で恒例の選曲会が催され、初のカバー曲井上陽水氏の「just fit」や、古くからある4楽曲(「ビニ傘」「ドライブ」「Star Star Star」「LOW」)の収録が決定。4月よりフルアルバムのレコーディングが開始。並行してライブDVD「04」の制作も開始、ライブでは妙なる楽の音vol.3(共演:airplants、アーデル、BLAZILIAN SIZE)を開催。

5月、ライブDVD「04」が発売。このライブは2004/12/18に渋谷La.mamaで行われた-Do you remember THIS IS POP?-での演奏をまるごとパッケージした映像である。製作はgravytrainが監修。音源はセカンドアルバムよりお世話になっている川口氏のミックス。※現在廃盤。

6月6日には下北沢shelterにて妙る楽の音vol.4が開催(共演:babamania SNAIL RAMP)。安部川によるマイケルジャクソンの完全コピーは伝説となる。「DoCoMo Presents! tae Special Live in TOTTORI」で、taeとしては初のワンマンライブを6月17日鳥取文化ホールにて開催。安部川と坂巻は砂丘に行って駱駝に乗る。

7月18日ハツミンゾク開催。盟友sepaとの2マンライブ。この前後にアルバムの録音が終了。また沼倉が詩&曲を提供し、小野、坂巻、安部川が演奏に携わったSAICOのアルバム「CEREAL」が7月27日にリリース。

9月7日待望のフルアルバム「いま詳しくは僕にも判らない」がAAD RECORDよりリリース。10月より全国11箇所をまわるツアー「UNIITED‘05」が開始。ツアーファイナルとなるワンマンライブを11月18日に渋谷ラママにて開催。

12月18日aircode&BAD MUSIC岡田氏のイベント「トレモロの青春」に参加。トレモロアームをダウジングに使用し自分の家を探す小野にはもってこいなイベント。大晦日は渋谷ラママにてライブ。